一人目の育児では、雑誌や赤ちゃん本舗などのお店でもらえる冊子を参考に買い物をして、

「こんなに買わなきゃいけないの?!」

とかかるお金にも目が飛び出そうでした。

それに、最初買い揃えても、
後から後から目にする情報で

あれのほうがよかったかな、
こっちも試して見たいな、、、

と思わず散財してしまいがちでした。

今回2人目を出産して、使えるものは使い回し、
買い足すものは最低限に、を心がけました。

結果、今使っているアイテムはかなり厳選されたので、誰かしらの役に立てば、と思いまとめてみました。

初回は授乳編

私は1人目が混合授乳で、母乳の出がそこまでよくやかったことにはげるくらい悩みました。
無駄に精神も時間もそのことに持っていか
れてました。今考えると、その労力もったいなかったなって思ってます。

だから、できれば2人目のときはできるだけ母乳の量を最初から増やして、あまり悩まずに居たいと思っていたので、スタートダッシュをかけられる環境を作ろうと心がけました。


1. 母乳相談室の乳首


by カエレバ

母乳育児訓練のために欠かせない一品。
産まれる前に3つ準備しておきました。
ピジョンの母乳実感の哺乳瓶に合わせて使いました。

1人目のとき、無知すぎた私は新生児期からMサイズの乳首を使っていました。。焦って産後1ヶ月でこの母乳相談室に変えたのですが、やはり哺乳力が強まるまですごく時間がかかりましたね。

2人目は退院後からこれを使ってたので、哺乳力は強かったです。
ただ、最近は哺乳瓶を拒否し始めて、結果的にこの数日前くらいから母乳のみになりました。
 

2. レンジで哺乳瓶煮沸できるケース


by カエレバ


洗浄液系のは個人的になんか抵抗があるので、煮沸系で楽なの、で行き着いたのがこれです。
2人目から導入しました。
毎回鍋で煮沸してたのと比べて、とにかく楽です。
価格もAmazonで購入で店頭より安く買えたので、いい買い物しました。


3. ベビハグ授乳クッション


by カエレバ

新生児期は、授乳クッションに高さがないとなかなかポジション取れなくて前かがみになりがち。
結果、おっぱいの出も良くならなかったり、姿勢の悪さから肩こり頭痛がつらくなったり、苦行に輪を重ねてしまいます。
このクッションは高さが絶妙で、へたらないし、本当に自分には神アイテムでした。
これを産院に持ち込んで最初からこの授乳クッションありきで練習しました。
2ヶ月目くらいからは逆に高すぎて使わなくなりましたけどね。

その後もちょっとした寝床とか、腰座り時のクッションにも使えるので、長く使えます。


4. 授乳ストラップ


by カエレバ

授乳服って高いし、買ってみて可愛くなくて失敗、、があるあるな気がします。それに、もう今後着ることもないのでできるだけ今回は買わずにいこうと決めてました。
普段の服を着ながらでもこのストラップのおかげで授乳中のストレスはほぼありませんでした。
これも安いのにほんと、神アイテムかと。普通の輪っかなんだけどね。
産後1ヶ月くらいまでは一日中首にかけてました。


5. 母乳の出を良くするハーブティー


by カエレバ
言わずと知れたAMOMAのハーブティー。
御守りのように1人目の時もしこたま飲んでました。
今回は産後2日目から入院中も飲みだしました。
飲むのと飲まないので違いがどれだけあるかは分かりませんが、やっぱり飲むと出が良くなる気がしてます。
それに、どのみち授乳期は水分は絶対的に必要なのでお茶代わりに飲むのにちょうど良いです。


まとめ

もちろんこまごまリストアップしていけば、
これ以外にも
  • 哺乳瓶
  • ミルク
  • 哺乳瓶用洗剤
  • 哺乳瓶洗浄用スポンジ
  • 洗った後の哺乳瓶スタンド
などなどありますが、消耗品は除き、上記5つは本当に役立ちました。
結果的に今回そこまで力んではいなかったものの、2人目は完全母乳になりました。100日かかるというけど、ほぼ3ヶ月でなったので、本当にその通りだなと。
あとはあまり深く考え込まないのも大事な要素だと、改めて感じました。なるときはなるし、ならないときはならない。
どっちにしても、誰かが死ぬわけじゃない。
ママが笑顔でいることが大事だと。

後、授乳のポジショニングについては、
ちょっと理系な育児のブログがやっぱり最高に参考になりました。ここを予習しておいて良かったです。

以上、授乳系アイテムまとめでした!
これ以外にもねんね環境、おもちゃ系などまとめたいと思います。